Home > ABOUT

ABOUT

  • 2013-03-27 (水) 23:27

管理人詳細

HN:tamo3(たもさん)
webの知識 :★☆☆☆☆
格闘技好き:★★★★☆

このブログサイトについて

tamo3自身がつまづいた、PCやWEBデザインをする上での問題を解決した際の覚書、
また趣味である格闘技観戦の感想予想など、二つの話題を柱としたブログ。

格闘技の話はともかくPC関連トラブルの記事などは誰かの役に立てれば幸いです。

格闘技の趣向

基本的にテレビ(地上波)で放送されるものを中心に見ています。
プロレスもMMAもK-1も好きですが、リアルでの話題の中心になるのはテレビで放送されるK-1です。

プロレスにはプロレスならではの豪快な技の応酬とありえない話の展開を、
MMA、K-1などには真剣勝負ならではの緊張感を求めて楽しんでいます。

プロレスは勝負の結果と大筋のストーリーだけが決められたアドリブの芸術、
と思って見ています。
真剣勝負にはない「ストーリー」「演出」が私の楽しみ。
でも流血試合は勘弁。

総合格闘技を知ったのは多くの人々と同じくPRIDEからです。
そこからHERO’Sや修斗、CAGE FORCEなどメジャー以外で
活躍する人たちにも興味を持ち出しました。

つかずはなれず

格闘技興行とは競技性とエンターテイメント性が混在する二律背反的なもので、
あちらを立てればこちらが立たず、なものだと解釈しています。

勝負論、技術論に偏れば一般層は食いつかず、
話題先行の興行、カード編成ではマニア層は興味を持てず、
どちらも必要な要素と思っています。

マニア層、ライト層、どちらにも偏らずに「つかずはなれず」格闘技を見る。
それが私なりの格闘技への目線です。

お気に入りの選手

プロレスラー
アントニオ猪木、佐々木健介、藤田和之、中西学、武藤敬司、蝶野正洋、小島聡、小橋健太、
スコット・ノートン、柴田勝頼、ミノワマン

K-1
アンディ・フグ、アーネスト・ホースト、ピーター・アーツ、ジェロム・レ・バンナ、レイ・セフォー
ルスラン・カラエフ、アレクセイ・イグナショフ、シリル・アビディ、メルヴィン・マヌーフ

K-1 MAX

マイク・ザンビディス、魔裟斗、アルバート・クラウス、ブアカーオ・ポー・ブラムック、
アルトゥール・キシェンコ、城戸康裕

MMA
ヴァンダレイ・シウバ、ヒース・ヒーリング、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、桜庭和志、五味隆典、所英男、
宇野薫、ヨアキム・ハンセン、川尻達也、桜井“マッハ”速人、ウィッキー聡生、永田克彦、ダン・ハーディ、
エメリヤーエンコ・ヒョードル、ダン・ヘンダーソン、アリスター・オーフレイム、セルゲイ・ハリトーノフ、
ジェームス・トンプソン、ジェイソン“メイヘム”ミラー、ビトー“シャオリン”ヒベイロ

この投稿にタグはありません。

Home > ABOUT

RSS Feed
あしあと
  • Today : 6hits and 5 IPs
  • Total : 25687hits and 5 IPs
訪問者への貢献度LV

Return to page top