Home > 格闘技 > プロレス

プロレス Archive

新日本プロレス1.4東京ドーム「レッスル・キングダム4」に行ってきた

大晦日も元旦も働きづめでようやく休みの1月4日。

Dynamiteもまともに見れなかった憂さを晴らしについプロレスを見に行ってしまいました。
(Dynamiteは録画で中途半端に視聴中)

長いことプロレス好きを語っていますが、実は会場で観戦するのはこれが初となりました。

率直な感想を申し上げると「思っていたより面白かった」です。
プロレス人気が下火になって久しいですが、2年ほど前から徐々に若い選手が頭角を現し始め、
観客動員数の上では確実に上向いています。

今回も結構客の入りはよく、アリーナ席はほぼ満席、スタンド席も前列は8割、後列も6割は入っていました。

一時期はあまりの客の入りの悪さにチケットのばら撒きが起こっているなどという話もありましたが、
今回そのようなシーンは目の当たりにはしませんでした。(単なる噂?)

やはり興行としての完成度は高く、前半で客を暖め、後半に盛り上げるという流れはしっかりとできていました。
まあ、プロレスイベントとしては最大級ですし、そこはさすがといいたいです。

演出もやはり東京ドーム大会ということもあって豪華で、大型スクリーンは3つあり、花火を使った演出もありました。
カメラも何台も回っており、すごいな~と普通に思いました。

最も会場の熱を感じたのは杉浦貴vs後藤洋央紀のGHCタイトルマッチで、かなり盛り上がっていました。
やはりノアのファンも多くいたからでしょうか。
しかしその試合が終わると席を立つ客がかなりいました。
やはりノアファンでしょうか。

メーンの中邑真輔vs高山善廣の試合も盛り上がりましたが、杉浦vs後藤の試合に比べると熱が低かった気がします。

で、初めて生でプロレスを見たから印象が強いのかもしれませんが、やはりヘビー級は華だな~と思いました。
格闘技も含めて。
軽量級になればなるほど技術力的には唸るシーンは増えますが、
やはりヘビーというのは存在自体がすでに選ばれし人間なわけで。

あの巨体がリングの上で暴れまわる迫力は軽量級には決して真似できないと思いました。
いくらプロレスの打撃が演技といっても100kgを超えた男が吹っ飛ぶというのはものすごい迫力です。

プロレスもまだまだ捨てたもんじゃないと強く感じました。

余談ですが、ライガーとタイガーマスクはやっぱり子供に人気がありますね^^
子供の声援が一際大きかったです。

あと残念な点が二つほど。
一つは金をケチらないでスタンドではなくアリーナに座ればよかったなと思ったこと。
もっと近くで見ればよかった。
二つ目は棚橋を応援している女性観客に絶叫に近い声を張り上げ「タナ」と連呼する人がいまして。
塩崎が攻めるシーンになると「テメーふざけんなよ、ぶっ殺すぞ」とかヤジを飛ばしまくりで、
他のひとが「そうゆうこというな!」とか「うるせー!」とか観客同士で大声で叫びあっていて、
それは声と声の間にいる人間にとって邪魔でしょうがなかったです。

まあ、また機会があればプロレス見に行きたいですね!

終わり

タグ: , , ,
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

三沢選手が死去 ノアの行方は

三沢選手が重篤状態、そして死亡。

職場的な事情でその情報を会場観戦していた人の次くらいの速さで知ってしまい、ショックでした。
自分の耳を疑いましたが誤報ではありませんでした。

私はどちらかというと新日ファン(というほどのものでもない)でしたので、三沢選手にそこまで思い入れがあるわけではありません。

しかし、プロレス界を牽引し業界を創り上げてきた人の訃報は残念でなりません。

今年の3月には地上波放送が打ち切られ、先行き不透明だったノアはどうなるんでしょうか?
プロレス好きの一人として業界を憂慮せずにはいられません。

小橋や秋山など人気の選手はいますが、やはり三沢選手のネームバリューほどではなく、ノアが苦しい状態になるのは間違いないでしょう。

しかし、逆境でこそプロレスラーの強さというものを見せて欲しいです。
ノアファン、新日ファンでもなく、プロレス好き、格闘技好きの一人として、小さな声でですが「頑張れ」とノアを応援したいと思います。

末尾ながらプロレス界の英雄・三沢光晴選手に、謹んで御冥福をお祈りいたします。

タグ: ,
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

小橋選手復活

ノアの放送をテレビで見ました。

半分以上がドキュメンタリー的な作りでウルってきました。

とにかく小橋選手、復帰おめでとう!

タグ: ,
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

新日本プロレスガタガタ

周りの格闘技オタクどもとは次のK-1とプライドの対戦カードの予想で話題が
もちきりですが、個人的に目が離せないのが新日本プロレスの人事です。

かねてから厳しいプロレス業界ですが、今年の新日本の契約更改にあたり
初回の交渉で9人の保留者が出るなど、密かに注目していました。

で、最終的にレギュラー陣からは吉江豊、竹村豪氏、井上亘、ヒロ斉藤、
後藤達俊、西村修、成瀬昌由、ヤング陣からは長尾浩志、安沢明也の
9名もの離脱者が。
さらにレフェリーのブラックキャット氏が先日亡くなり、
長い間リングアナを勤めケロちゃんと親しまれた田中秀和リングアナの
退団も決定。
総勢11人という大量離脱。
以前退団のうわさが流れていた金本浩二とライガーは留まったようですが、
規模的にノアなどを大きく下回ることに・・・。

恐らく西村が退団したのは長州の現場監督復帰だと思うんですが、
西村まで辞めるとは思わなかったです。
田中リングアナが辞めると聞いたときはレフェリーのタイガー服部が辞めた時と
同じくらいショックで、耳を疑いました。

ジョシュ・バーネットはまだ新日本に在籍してるようですが、
一年に一回も試合をしないってどうゆうことなんでしょう?
パンクラスでもしばらく試合やってないような気がするんですが。
微妙に動向が気になります。
プライドでジョシュVSマークハントあたりはおもしろくなりそうな気が
しないでもないですが。
藤田も結局猪木から離れ、恐らくしばらくプロレスはしないでしょうし、
その流れでチームジャパンも自然消滅。
中西は永田とカシンと過去に因縁があるのでいつまでも仲良くしてるとは
思えないですしね・・・。

 

この投稿にタグはありません。
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

破壊王逝く・・・橋本真也選手 死去

びっくりしました。

ZERO-ONE創設者にしてあの闘魂三銃士の一人。
橋本真也選手がなくなりました。
原因は脳幹出血だそうで今朝、自宅で倒れ救急車で病院に運ばれたが、
すでに心停止状態だったそうです。
40歳の若さでした。

ZERO-ONEは中心の橋本選手が右肩のケガのぶり帰りが続き、
最終的に長期の休養と治療に専念せざるを得ない状態になり、
去年11月に活動休止状態になっていました。

大谷らが意思を継ぎ、ZERO-ONE-MAXなどの大会を開催されては
いましたが、橋本選手はいまだ療養中で現場に復帰はしていませんでした。

1990年中期、新日本プロレスの強さの象徴と言われた男の早すぎる別れが
訪れてしまいました。
残念でなりません。

この投稿にタグはありません。
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム > 格闘技 > プロレス

RSS Feed
あしあと
  • Today : 3hits and 2 IPs
  • Total : 26423hits and 2 IPs
訪問者への貢献度LV

Return to page top