ホーム > タグ > Strike Force

Strike Force

2011年1~3月の思うこと

3月11日に東北関東大震災が発生してまだ復旧のメドもたっていない状況ですが、最近格闘技関連のニュースを見て思ったこと。

まずはStrike Forceでのヒョードルの二度目の完敗。
コンスタントに実戦を重ねることができなかった事でヒョードルの実力の衰退を挙げる人は多いです。
ヒョードルの連勝は止まりましたが、彼の気持ち次第ではまだやれる可能性があるのもまた事実。
それよりもようやくヒョードルらに勝てる選手が現れたことの方が喜ばしいと思います。
UFCのケイン・ヴェラスケスしかり。
2000年代前半のトップ選手にとって替わる選手が現れてきた事にワクワクします。

次。

SRCのスポンサーからドンキホーテが撤退し、いよいよ解散の流れ。
このニュース自体は残念ですが、国内のメジャー団体がひとつになることで国内の垣根が消えてくれることを望みます。
今までは日本人同士での試合でさえ団体契約が障害になて組めないカードがありました。

今後はDREAMがパンクラスや修斗などと柔軟に対応して選手のマッチメイクをしてもらえれば。
しかしまあ、そのDREAMも息絶え絶えですのでどうなるかはわかりませんが…。

次。

UFCのStrike Force買収。
ついに、という感じもありますが。
MMA界界トップだったUFCがライバル団体であったStrike Forceを買収したことで独走状態に。
MMA業界は全世界を含めてUFC以外はマイナー団体になったといっても過言ではないでしょう。
あ、もともと他はマイナー団体ですか;

Strike Forceはshowtimeのテレビ放送契約が後2年ほど残っているのでその間はStrike Forceブランドを残すと
UFCは言いますが、恐らくその後はすべてUFCブランドに統一され、PRIDEと同じように姿を消すのでしょう。
そして同じように実力のある選手のみが生き残ると。

うーむ。海外の話ばかりでMMAが遠くなる一方です。
せめてK-1は地上波で放送してほしいものですが、はたして今年はどうなることやら。

そういえばWECもUFCに吸収合併したんでしたね。
まさに独占。
UFCが目指すのはやはりMMA=UFCという価値観でしょう。

タグ: , , ,
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【試合結果】Strikeforce St. Louis: Heavy Artillery

Strikeforce St. Louis: Heavy Artillery

2010.05.15

プレリミナリーカード ライト級 5分3R
×ヴィトー・シャオリン・ヒベイロ(ブラジル)vs.ライル・ビアーボーム(米国)○
3R判定

第1試合 ライトヘビー級 5分3R
ハファエル・フェイジャォン・カバウカンチ(ブラジル)vs.アントワン・ブリット(米国)×
1R3:45 TKO

第2試合 ライトヘビー級 5分3R
×ケビン・ランデルマン(米国)vs.ホジャー・グレイシー(ブラジル)○
2R4:10 リアネイキドチョーク

第3試合 ミドル級 5分3R
ホナウド・ジャカレ・ソウザ(ブラジル)vs.ジョーイ・ビラセニョール(米国)×
3R判定3-0

第4試合 ヘビー級 5分3R
×アンドレ・オルロフスキー(ベラルーシ)vs.アントニオ・ペイザォン・シウバ(ブラジル)○
3R判定0-3

メーンイベント ストライクフォース世界ヘビー級選手権試合 5分5R
アリスター・オーフレイム(オランダ)vs.ブレット・ロジャース(米国)×
1R3:40 TKO

以上スポーツナビ参照。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2010/2010051501/index.html

タグ: ,
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【試合結果】Strikeforce: Nashville

Strikeforce: Nashville

2010.4.17、テネシー州ナッシュビル ブリヂストン・アリーナ

アンダーカード

第1試合 フェザー級 5分3R
コーディ・フロイド(アメリカ)vs.トーマス・キャンベル(アメリカ)×
3R KO(膝蹴り)

第2試合 フライ級 5分3R
ダスティン・オルティス(アメリカ)vs.ジャスティン・ペニントン(アメリカ)×
1R 4:27 チョークスリーパー

第3試合 ミドル級 5分3R
ザック・アンダーウッド(アメリカ)vs.ハンター・ウォーシャム(アメリカ)×
3R終了 判定3-0

第4試合 ライトヘビー級 5分3R
ケイル・ヤーブロー(アメリカ)vs.ジョシュ・ショックマン(アメリカ)×
2R TKO(レフェリーストップ:膝蹴り・パンチ)

第5試合 ミドル級 5分3R
ジェイソン・”メイヘム”・ミラー(アメリカ)vs.ティム・スタウト(アメリカ)×
1R 3:09 TKO(レフェリーストップ:パウンド)

第6試合 ウェルター級 5分3R
アンディ・ユーリッチ(アメリカ)vs.ダスティン・ウェスト(アメリカ)×
1R 1:36 チョークスリーパー

第7試合 ライトヘビー級 5分3R
オーヴィンス・セインプルー(アメリカ)vs.クリス・ホーク(アメリカ)×
1R 0:44 TKO(レフェリーストップ:パウンド)

メインカード

第8試合 Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
キング・モー(アメリカ)vs.ゲガール・ムサシ(オランダ)×
5R終了 判定3-0(49-45、49-45、49-45) ※モーが第4代Strikeforce世界ライトヘビー級王者に

第9試合 Strikeforce世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
ギルバート・メレンデス(アメリカ)vs.青木真也(日本)×
5R終了 判定3-0(50-45、50-45、50-45) ※メレンデスがライト級王座の初防衛に成功

第10試合 メインイベント Strikeforce世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
ジェイク・シールズ(アメリカ)vs.ダン・ヘンダーソン(アメリカ)×
5R終了 判定3-0(49-46、49-45、48-45) ※シールズがミドル級王座の初防衛に成功

以上wikiペディア参照

http://ja.wikipedia.org/wiki/Strikeforce:_Nashville

タグ: ,
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【試合結果】Strikeforce:Miami

Strikeforce:Miami

2010.1.30、フロリダ州サンライズ バンクアトランティック・センター

アンダーカード

第1試合 ウェルター級 5分3R
ジョン・ケリー(アメリカ)vs.サバー・オマシ(アメリカ)×
2R 2:48 チョークスリーパー

第2試合 ウェルター級 5分3R
ヘイダー・ハッサン(アメリカ)vs.ライアン・キーナン(アメリカ)×
2R 2:42 TKO(レフェリーストップ:左フック)

第3試合 フェザー級 5分3R
パブロ・アルフォンソ(アメリカ)vs.マルコ・ダ・マッタ(ブラジル)×
1R 1:47 腕ひしぎ十字固め

第4試合 ライト級 5分3R
デイヴィッド・ゴメス(アメリカ)vs.クレイグ・オックスリー(アメリカ)×
3R 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

第5試合 ウェルター級 5分3R
ジョー・レイ(アメリカ)vs.ジョン・クラーク(アメリカ)×
1R 3:14 TKO(レフェリーストップ:パウンド)

第6試合 ウェルター級 5分3R
ジェイ・ヒエロン(アメリカ)vs.ジョー・リッグス(アメリカ)×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)

メインカード

第7試合 ヘビー級 5分3R
ボビー・ラシュリー(アメリカ)vs.ウェズ・シムズ(アメリカ)×
1R 2:06 KO(パウンド)

第8試合 ミドル級 5分3R
ロビー・ローラー(アメリカ)vs.メルヴィン・マヌーフ(オランダ)×
1R 3:33 KO(右フック→パウンド)

第9試合 ヘビー級 5分3R
ハーシェル・ウォーカー(アメリカ)vs.グレッグ・ナージ(アメリカ)×
3R 2:17 TKO(レフェリーストップ:パウンド)

第10試合 Strikeforce女子ライト級タイトルマッチ 5分5R
クリスチャン・サイボーグ(ブラジル)vs.マルース・クーネン(オランダ)×
3R 3:40 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
サイボーグが女子ライト級王座の初防衛に成功した。

第11試合 メインイベント Strikeforce世界ウェルター級王者決定戦 5分5R
ニック・ディアス(アメリカ)vs.マリウス・ザロムスキー(リトアニア)×
1R 4:38 TKO(レフェリーストップ:右フック)
ディアスが初代Strikeforce世界ウェルター級王者となった。

第12試合 スウィングバウト ウェルター級 5分3R
マイケル・バーンズ(アメリカ)vs.デイヴィッド・ジトニック(アメリカ)×
3R終了 判定2-0(29-29、30-27、30-27)

以上wikiペディア参照

http://ja.wikipedia.org/wiki/Strikeforce:_Miami

タグ:
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【試合結果】Strike Force:evolution

Strike Force:evolution

2009.12.19 カリフォルニア州サンノゼ HPパビリオン

プレリミナリィカード

第1試合 フェザー級 5分3R
アレッシャンデル・クリスピーム(ブラジル)vs.AJ フォンセカ(アメリカ)×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

第2試合 ライト級 5分3R
ジャスティン・ウィルコックス(アメリカ)vs.中村大介(日本)×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、30-27)

第3試合 ライトヘビー級 5分3R
アントウェイン・ブリット(アメリカ)vs.スコット・ライティ(アメリカ)×
1R終了時 TKO(ドクターストップ)

メインカード

第4試合 ヘビー級 5分3R
キング・モー(アメリカ)vs.マイク・ホワイトヘッド(アメリカ)×
1R 3:08 KO(パウンド)

第5試合 ミドル級 5分3R
ホナウド・ジャカレイ(ブラジル)vs.マット・リンドランド(アメリカ)×
1R 4:18 肩固め

第6試合 Strikeforce世界ライト級王座統一戦 5分5R
ギルバート・メレンデス(アメリカ)vs.ジョシュ・トムソン(アメリカ)×
5R終了 判定3-0(48-47、49-46、49-46)

王座統一により、メレンデスが第4代Strikeforce世界ライト級王者となった。

第7試合 メインイベント ミドル級 5分3R
スコット・スミス(アメリカ)vs.カン・リー(アメリカ)×
3R 3:25 KO(パンチ連打→パウンド)

以上wikiペディア参照
ヤフースポーツニュース参考

タグ: ,
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > Strike Force

RSS Feed
あしあと
  • Today : 64hits and 4 IPs
  • Total : 26260hits and 4 IPs
訪問者への貢献度LV

Return to page top